ホーム >利用規約・プライバシーポリシー

利用規約

第1条(目的)

traveler's kyoto運営事務局(以下、「当事務局」といいます。)は、アプリケーションサービス及びウェブサイトサービス利用規約(以下、「本規約」といいます。)を定め、利用者に本サービスの利用を許諾します。利用者は本規約及び当事務局が定める利用上の注意等を遵守して本サービスを受けるものとします。

第2条(定義)

本規約において使用する用語の意味は、次の各号に定めるとおりとする。
「本サイト」とは、当事務局が運営する「traveler's kyoto」(http://kyoto.traveler-s.net)と称するウェブサイトをいいます。
「本サービス」とは、本サイト上で当事務局が提供するアプリケーションサービス及びウェブサイトサービスをいいます。
「ユーザーID」とは、本サービスを利用するに当たって発行される利用者認識番号をいいます。
「パスワード」とは、本サービスを利用する際にユーザーIDと照合して利用者を識別するための文字列をいいます。
「利用者」とは、ユーザーIDとパスワードで認証された本サービスの利用者をいいます。
「投稿」とは、利用者が本サイトに文章等の情報をアップロードする行為をいいます。

第3条(本規約の変更)

当事務局は、当事務局が必要と認める場合はいつでも本規約を変更することができます。
変更の効力は、当事務局が別途定める場合を除いて、本サイトに表示した時点に生じるものとします。変更後は、利用者は変更後の規約に同意したものとみなされます。

第4条 (個人情報の取り扱い)

利用者の登録情報や、当事務局が取得した利用者に関する情報については、当事務局の定めるプライバシーポリシーに従い取り扱われます。

第5条(環境設定)

本サービスを利用する為に必要な端末等の購入及び設定は、利用者自らの責任と費用で行うこととします。

第6条(ユーザーID及びパスワードの管理)

ユーザーIDは、第三者と共有すること及び第三者へ貸与、公開することはできません。
前項の規定に反し、利用者または第三者に損害が生じても、当事務局は一切責任を負いません。
利用者は、設定されたユーザーIDとパスワードの管理に責任を負うものとします。
パスワードの管理権限は利用者にあり、当事務局はパスワード管理権限を持ちません。

第7条(譲渡・販売・質入れの禁止)

当事務局は、本サービスを「あるがままの状態で」かつ「利用可能な範囲」という条件で提供します。
当事務局は、以下の内容について一切の保証を行うものではありません。
(1) 本サービスの内容が会員の要求に合致すること又は有益であること
(2) 本サービスの一部又は全部が中断、中止、廃止されないこと
(3) 本サービスの内容が変更、削除されないこと
(4) 本サービスがタイムリーに提供されること
(5) 本サービスが安全であること
(6) 本サービスにおいていかなるエラーも発生しないこと
(7) 本サービスにて表示される情報が正確であること、合法的もしくは道徳的であること、最新であること、適切であること又は信頼できるものであること
(8) 本サービスにいかなる瑕疵もないこと
(9) 会員が本サービスを利用して行った行為が会員の特定の目的に適合すること
(10)投稿情報等が消失しないこと
当事務局は、当事務局の裁量により開発者が登録したコンテンツを削除することがあります。当事務局は、コンテンツが削除されたことに起因もしくは関連して、会員に発生した損害について、何ら責任を負わないものとします。
当事務局は、本サービスを運営するために必要な設備(以下「設備」といいます)に蓄積された会員の投稿情報等の一部、或いは一切を消失した場合、もしくは第三者により改ざんされた場合又は本サービスが中断した場合、技術的に可能な範囲で当該投稿情報等の復旧又は本サービスの復旧に努めるものとします。当事務局は、その復旧への努力を以って、消失もしくは改ざん又は中断に伴い会員に発生した損害の賠償責任から免れるものとします。
当事務局は、本サービスの利用に起因又は関連して会員のコンピュータ等の機器及びデータに発生した損害について、一切責任を負わないものとします。 利用者によって投稿された文章、画像、その他あらゆる情報は、仮に該当利用者が所属する法人及び団体等の内部規則等に適合することについても、当事務局は一切責任を負いません。

第9条 (禁止事項)

本サービスを楽しんでご利用いただくため、本サービスでは以下の行為を禁止しています。禁止行為が当事務局により確認された場合、該当利用者への警告、サイト上の掲載情報の削除、ユーザー登録の削除など、しかるべき適切な処置をとらせていただきます。なお、処置内容に関する決定権は当事務局にあり、判断結果に関するご質問や苦情は一切受け付けておりません。
他者、また当事務局の特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、企業秘密等の知的財産権を侵害し、または侵害するおそれのある行為。
他者の財産、プライバシー権もしくは肖像権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
公序良俗又は法令に反する行為。
他者を差別、侮辱若しくは誹謗中傷し、名誉もしくは信用を毀損する、または侵害するおそれのある行為。脅迫、いやがらせ、その他経済的もしくは精神的損害または不利益を与える行為。
詐欺などの犯罪行為またはこれに関与する行為。
他者が不快感を抱く恐れのある暴力、残虐シーンなどの内容や、児童・青少年の人格形成等に悪影響を与える恐れのある猥褻、虐待シーンなどの画像や、メッセージなどを掲載もしくは送信する行為。
ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為。
面識のない異性との出会い、交際、猥褻な行為を目的とする情報及び年齢制限を有する情報の掲載行為。
選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為。
宗教活動、これらに類似する行為、宗教団体への勧誘行為。
他者になりすましてサービスを利用したり、当事務局からの許可を得ず商用に利用する行為。また、代表権や代理権がないにも関わらず会社などの組織を名乗ったり、または他社と提携、協力関係にあると偽ったりする紛らわしい行為。
商業活動、営利を目的とした利用およびその準備行為。但し、 当事務局が別途承認した場合は、その承認の範囲内で営業活動を行うことが可能。
無限連鎖講(ネズミ講)やマルチ商法、アダルトサイト等への勧誘。連鎖的なメール転送を依頼する行為および当該依頼に応じて転送する行為。
問題性の強いデマ、風説を流布する行為。
本人の同意を得ることなくまたは詐欺的な手段により、他者の個人情報を収集、開示する行為。
ウィルスなどの有害なコンピュータープログラムやファイルなどを送信したり、そのURLを掲載すること。他者が受信可能な状態におく行為。
本サービスの運営又は他者の本サービスの利用を妨害し、若しくはそれらに支障をきたす行為など、当事務局が合理的な理由に基づき、不適切と判断する行為。

第10条 (本サービスの利用禁止及び利用停止)

次の各号のいずれかに該当する場合、当事務局は利用者に通知を行わず本サービスの利用禁止、利用停止、その他必要とされる手段をとることが出来ます。
当事務局または第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害する行為があり、あるいはそのおそれのある場合
当事務局または第三者の著作権、その他知的所有権を侵害する行為があり、あるいはその恐れのある場合
当事務局または第三者のシステム、またはデータの滅失、損壊、盗用行為があり、あるいはその恐れのある場合
ID、パスワードの不正使用がある場合
違法行為あるいは違法行為をそそのかしたり容易にさせたりする行為、またはそれらの恐れのある行為が認められる場合
当事務局の本サービス提供を妨害する行為、あるいはその恐れのある行為が認められる場合
第三者の本サービス利用を妨害したり支障を与えたりする行為、あるいはその恐れのある行為が認められる場合
利用者が本規約に違反した場合
過去に本規約又はその他当事務局が定める利用上の注意等に違反したことを理由として利用禁止処分を受けた者であることが判明した場合
その他当事務局が必要と認めた場合
当事務局が利用者に対し、本サービスの利用禁止、利用停止などの対応を行った場合、対象利用者にその理由を開示する義務は負いません。

第11条 (著作権等)

本サービスを構成する文章、画像、動画、音楽、プログラム等の著作権は、利用者が作成したものを除き当事務局またはその作成者にあるものとします。
利用者は、前項に定める権利について、当事務局または作成者の承諾を得ることなく転載、複製、解析、改変、翻訳、貸与、販売、配布あるいは派生的作品の作成をすることはできません。
利用者が本サービスを利用して投稿または編集した文章、画像等の著作権については、当該利用者にあるものとします。
本サービスを利用して投稿または編集された文章、画像等については、当事務局及び当事務局と提携する法人等が提供するサイト及びサービス等において、当事務局が必要と認める処置を行ったうえで、当事務局及び当事務局と提携する法人等が利用できるものとします。
前項の利用に際して、利用者は著作者人格権を行使しないものとします。

第12条(免責)

本サービスを利用する利用者間で紛争が生じた場合、当該利用者間で紛争を解決するものとし、当事務局は一切責任を負いません。
利用者が他人の権利を侵害する行為(他人の名誉を毀損する行為、プライバシー権を侵害する行為、許諾なく第三者の個人情報を開示する行為、著作権法に違反する行為等)を行った場合、当該利用者は自身の責任と費用において解決しなければならず、当事務局は一切の責任を負いません。
利用者によるデータの滅失、漏洩または本サービスで予定された目的以外での使用によって、利用者及び第三者に生じた直接または間接の損害について、当事務局は一切責任を負いません。
本サービスの遅滞、停止、変更、終了、登録、利用禁止、利用停止等により発生した利用者及び第三者への損害について、当事務局は一切責任は負いません。
当事務局は、利用者が本サービスを通じて得る情報及びデータの完全性、正確性、確実性、有用性等に関して保証致しません。
利用者によって投稿された文章等の情報が、当該利用者が所属する法人及び団体等の内部規則等に適合することについても、当事務局は一切責任を負いません。

第13条 (本サービスの停止)

次の各号のいずれかに該当する場合、当事務局は、本サービスの提供を停止することができます。
サーバーまたは周辺設備の保守、点検または整備が必要と当事務局が認めた場合
コンピューターウィルス感染防止の手段として、サーバーまたは周辺設備の停止が必要と当事務局が認めた場合
大規模災害等による不可抗力でサービス提供が不可能な場合

第14条(本サービスの終了)

当事務局は、本サービスの全部または一部をいつでも終了することができます。

第15条(通知の効力)

当事務局が利用者に行う通知の効力は、発信により生ずるものとし、利用者に到達したか否かは通知の効力に影響がないものとします。

第16条 (損害賠償)

利用者が本規約に違反し、当事務局が直接または間接に損害を被った場合、当事務局は利用者に対して損害の賠償を請求することができます。

第17条(準拠法及び合意管轄)

本規約の準拠法は、日本法とします。
本規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の管轄裁判所とすることに合意します。

プライバシーポリシー

(1) プライバシーポリシーについて

利用者の個人情報の保護に関し、traveler's kyoto運営事務局(以下「当事務局」という)では、個人情報の保護に関する法律(平成15年5月30日法律第57号)に基づき、管理責任者のもとで厳重なセキュリティー対策を施し、適正な個人情報の管理を実施いたします。

(2) 個人情報について

本プライバシーポリシーにおける「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいいます。

(3) 収集している個人情報について

当事務局のWebサイトでは登録フォーム等から連絡または本人確認のため利用者の住所、氏名、電話番号、Eメールアドレス等の個人情報をお預かりすることがございます。また、生年月日、年令、職業、収入、購読新聞・雑誌名、関心のある製品、ご利用になっているサービス、趣味等をお伺いする場合がございます。これら全てにご回答いただく必要はありませんが、ご回答がない場合ご利用いただけないサービスがございます。

(4) 個人情報の使用目的について

お預かりした個人情報は以下の目的でのみ使用させていただきます。
製品やサービスについてのサポートを提供するため
新製品の情報やサービスに関するお知らせを行うため
会員制サービスへの登録を確認するため
技術的不具合の原因を解明し、解消するため
製品開発における調査・研究を行うため
当事務局内で使用する情報の収集分析に利用するため
当事務局のサービスを説明する為に作成する資料の情報ソースとして利用するため
利用規約等に違反する行為またはその恐れのある行為が行われ、日記等の情報の内容を確認するため
その他サイトを適切に運営するため

(5) 委託先の監督

使用目的の達成に必要な範囲内において、当事務局は、個人情報の取扱いの全部又は一部を第三者に委託することがあります。その場合、当事務局は、原則として委託契約において個人情報の安全管理について受託者が講ずべき措置を明らかにし、受託者に対する必要かつ適切な監督を行います。

(6) 使用目的の制限

当事務局は、取得した個人情報について、使用目的の範囲内で取り扱います。個人情報を使用目的の範囲外で取り扱う場合は、あらかじめ利用者本人の同意を得て行います。ただし、以下の場合はこの限りではありません。
法令に基づく場合
人の生命、身体または財産等の保護のために必要がある場合であって、緊急の必要性があると当事務局が判断した場合
国もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

(7) 収集した個人情報の提供について

利用者よりお預かりした個人情報を、当事務局が利用者の同意なしに第三者へ提供することはありません。ただし、以下の場合はこの限りではありません。
サービス提供及びサービス案内を利用者に提供する場合
利用者が当事務局を通して他社に情報、サービス、製品を請求または注文した場合
利用者が当事務局を通して他社と何らかの連絡を取った場合
利用者が他社に利用者を紹介することを目的とするサイトに登録する場合

(8) 個人情報の管理について

当事務局は、利用者の個人情報を確実に保護し、利用者の意図に従って個人情報が使用されるよう、セキュリティー対策に万全を期しています。個人情報は一般の利用者にはアクセス不可能なスペースに保存されています。また、データの消失、誤用、無断使用、公表、改変、破壊が起こらないように細心の注意を払っています。
当事務局は、当事務局設備の復旧に当てる為にデータの複写保管を行う場合があります。

(9) 免責

利用者が、当事務局の提供するサービスの機能等を利用し、第三者に個人情報を提供・公開等した場合、当事務局は責任を負いません。

(10) プライバシーポリシーの変更について

当事務局は、プライバシーポリシーの全部または一部をいつでも変更することができます。

(11) Cookieについて

当事務局のWebサイトには、Cookieと呼ばれる技術を利用したページがあります。Cookieとは利用者のコンピュータ内に送る英数字から構成されるデータでご使用中のシステムに保存されることがあります。当事務局はお客様個々のニーズに合わせてウェブサイトをカスタマイズしたり、ウェブサイトの内容やサービスに、よりご満足いただけるよう改良したりする為、Cookieを使用することがあります。

このCookieを利用することにより、利用者が再度当事務局のウェブサイトを訪れた際に入力の手間を省いたり、登録情報を一目で見ることができたり、利用者個人のお名前を呼びかけたり等の利用者固有のサービスをご利用いただくことができます。ただしこのCookieは、利用者の個人情報を識別するものではありません。

Cookieによって得た情報を統計目的で分析、公表することがございますが、利用者を識別できるような情報が含まれることはありません。

利用者がお使いのブラウザを設定することにより、Cookieの機能を無効にしたり、Cookieが保存される際に警告を表示したりすることができますが、Cookieの機能を無効にした場合、当事務局のWebサイト、 またサービスの全部または一部がご利用いただけなくなることがあります。

(12) 広告会社等によるCookie、ウェブビーコンの使用について

当事務局のWebサイトでは第三者広告会社もしくは第三者広告配信システムによるCookieを使用する場合があります。こちらについては利用者によりウェブ ブラウザの操作によって拒否することが可能です。
当事務局では、利用状況の調査及び広告効果測定のためにウェブビーコンを使用する場合があります。なお、ウェブビーコンに含まれる情報は、個人を特定する情報とは関連付けされることはありません。